あじさい学園 あじさい看護福祉専門学校

ケニアの子供達の栄養改善を!(国際交流)

ケニアの子供達の栄養改善を!1日3食プロジェクト!

このたび本校では、HIVや貧困に苦しむケニアの人たちを支援するため、「1日3食の食事を!学校から地域へ広げる貧困家庭生徒の栄養改善プロジェクト」を立ち上げ、募金活動を行いました。多くの方々のご協力により目標額35万円に対し454,561円もの募金が集まり、5,780.84USDを現地に送金することができました。ご支援くださった皆様に心より御礼申し上げます。 今後は本校卒業生加藤由美さんを中心とした現地での活動を見守っていきます。

現地の様子

プロジェクトリーダーからのお礼

HIVで多くの人が苦しむアフリカ・ケニアのニャンド州で栄養状態向上のために活動している、本校の卒業生である加藤由美さんに学校給食開始活動のための援助依頼を受け、7月26日に有志22名で「1日3食の食事を!学校から地域へ広げる貧困家庭生徒の栄養改善プロジェクト」を立ち上げました。私たち実行委員は、国は違うけれど、日本とは異なる生活環境・生活状態で健康問題を抱える人々の何らかの力になれたらという思いで募金活動を開始し、9月9日まで活動してきました。夏休み開始直前のプロジェクト発足であり短い期間ということもあり、街頭での募金活動はできず、主に生徒のボランティア先、バイト先、母校等で活動を始め、18カ所に募金箱の設置をしました。短い期間ということもあり、私たちは難しい活動となることを予測していました。夏休み期間中の8月17日に中間報告を委員で行いましたが、その際は目標金額の4分の1にも達しませんでした。しかし、多くの方のご協力により目標金額の35万円をはるかに上回る、454,561円の募金を集めることができました。 この活動により集まったお金は現在、現地で活動する加藤由美さんのもと、羊・鶏・作物の種等の購入や小屋の建設に使われ、活動が進んでいます。実際に募ったお金がこのように目に見えるかたちで用いられている事を大変嬉しく感じ、同時にご協力くださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ご協力本当にありがとうございました。 なお、現地での活動状況が加藤由美さんのブログにて掲載されています。是非ご覧ください。

プロジェクト学生リーダー 加藤ゆかり 岩村朋美

ケニア活動ブログはこちら