あじさい学園 あじさい看護福祉専門学校

先輩たちの姿!

先輩たちの姿!

社会人を経験して新たな進路を見つけた人、資格取得の先にさらに大きな夢を描く人。 本校には個性豊かな学生が集まり、それぞれの目標を追いかけています。学生たちがどんな発見や成長を得ているのか、先輩たちの生の声を通じて、等身大の学生像や学校生活にふれてください。

 入学して1年と数カ月がたちました。私は社会人生活を経ての入学で、初めは不安でいっぱいでしたが、振り返ってみると、失敗したこと、喜びに変わったこと、学んだこと様々なことがあり、入学してから成長したことが沢山あります。 2年生になって、少しずつですが自分に合った学習方法が分かるようになってきました。1年生の時の実習では実際に患者様と関わることで気付くことや学べることが沢山あり、実際の看護師さんの姿を見て看護の素晴らしさややりがいを実感することができました。看護の道に進んでよかったとあらためて思いました。
 秋からは本格的に実習が始まりますが、知識だけでなく実践を通して学んでいくことが沢山あると思います。患者様は一人一人違うので、教科書を基礎として、個別性を考えたケアを提供していけるように、今は事前学習や技術練習を頑張りたいです。
 あじさいでは、自分自身でビジョンとゴールを設定し課題を見つけて、調べたり考えたりしながら解決していくことが求められていて、時々うまく進めなくてどうしたらいいか悩むこともありますが、そんな時には先生方が必ずいいタイミングでアドバイスをくださり、乗り越えた時には自分でも成長したなと感じることができてとても嬉しくなります。
 現在自分が充実した看護を学べる環境にいるのは、先生方や病院の方々のおかげなので、常に感謝の気持ちを忘れずにしていきたいです。また、同じ目標をもつクラスの仲間とこの1年間助け合い、常に努力してきました。これからの2年間も協力し合い、励まし合い、努力して成長したいです。